交通事故の示談金・賠償金を最大に - 賠償金協会

事故賠償金協会

未分類

過失割合の基礎知識!過失相殺で賠償金額が大きく変わります。

投稿日:

多くの交通事故では、被害者と加害者の両方に落ち度や不注意があったことが事故発生の原因です。

この場合、損害額から過失割合分が減額されることになりますが、過失割合がある場合は損害賠償請求にどのような影響があるのでしょうか。また、過失割合はどのような基準があるのでしょうか。

そこでこの項目では、過失割合の基礎知識や事故形態によって異なる過失割合の基準について解説していきます。

 

過失割合の基礎知識

「過失割合と過失相殺」

過失割合とは、発生した交通事故に対して、どれくらいの注意点や落ち度があったかという責任の割合です。過失相殺とは、事故当事者双方に過失がある場合に、過失の割合に応じて、損害賠償額のうちの一定割合について請求できなくなります。

つまり、被害者にも過失がある場合は、過失割合の分だけ損害賠償額が減額されることになります。この場合、被害者が実際に受け取れる損害賠償額は、加害者の過失割合分ということになります。

一般的に、過失割合は当事者が契約している保険会社の担当者が決めることになっています。

 

たとえば、過失割合が被害者20%、加害者80%で、損害賠償額が1,000万円の場合は、被害者が受け取れる損害賠償額は800万円となり、20%の200万円は負担することになります。

過失相殺の適用範囲

過失相殺による損害賠償金・示談金の減額は交通事故にかかわるどの部分に適用されるのでしょうか?一般的に、治療費や慰謝料、休業損害、車の修理費など、請求できる損害賠償すべてが対象になると考えて大丈夫です。

「自賠責保険と任意保険で扱いが異なる」

自賠責保険の過失割合の扱い

被害者にも過失割合がある場合は、過失相殺によって請求できる損害賠償額が減額されてしまいますが、過失割合の扱いは自賠責保険と任意保険で適応範囲が異なります。

自賠責保険では、被害者に重大な過失がある場合に限り、過失相殺(重過失減額)されることになります。重過失は次のようになります。

 

  • 70%以上80%未満
  • 80%以上90%未満
  • 90%以上100%未満

 

つまり、自賠責保険での過失割合の扱いは、傷害に関しては70%未満の場合は減額なし、その他70%以上100%未満の場合はすべて20%減、ただし死亡・後遺症に関しては70%以上80%未満で20%減、80%以上90%未満で30%減、90%以上100%未満で50%減とされています。

なお、過失割合が100%対0%の場合は、自賠責保険からの保険金は一円も受けることはできません。

 

重過失となる事故は次のようなものです。

 

歩行者の例

  • 歩行者側の信号が赤にもかかわらず横断歩道を渡った場合
  • 泥酔して道路上で寝ていた場合

 

四輪車の例

  • 一方通行を逆走して衝突した場合
  • 減速せずに優先道路に進入し衝突した場合
  • はみ出し禁止のセンターラインをはみ出して衝突した場合

 

任意保険の過失割合の扱い

交通事故により死傷した被害者の保護救済を図ることを目的とした国の機関である自賠責保険とは違い、任意保険の場合は自賠責保険では過失相殺が適応されないような過失でも、当事者双方に厳しく過失責任を負担させることになります。

任意保険は、青本と呼ばれる交通事故損害賠償算定基準の過失割合認定基準表に基づいて過失割合を決定し、0%から100%まで過失の程度によって減額することになります。

 

基本的に、被害者側(任意保険会社)は自賠責保険に対し損害賠償を請求することになり、自賠責保険の限度額である120万円以内に損害額がおさまる事故の場合は、損害すべてを自賠責保険への請求だけでカバーできます。

そして、損害賠償額が自賠責保険だけでは不足分が出る場合は、任意保険にその不足分を請求することになります。

たとえば、被害者に70%の過失、100万円の損害額があった場合は、自賠責保険に請求すると20%減された80万円、任意保険に請求すると70%減された30万円が受取額となりますが、自賠責保険に請求している場合は損害がカバーされているので、不足分を任意保険に請求しても支払いを受けることはできません。

 

「過失相殺以外にも減額される項目がある!?損益相殺について」

損害賠償額が減額されるのは過失相殺だけではありません。不当行為を受けた場合、被害者は財産的・精神的な損害を被ることになりますが、死亡事故などの場合、被害者(遺族)は損害以上の利益を得るという場合もあります。

この損害以上の利益を得ることを防ぐために損益相殺という項目があり、損益相殺される利益は損害賠償額から控除されることになります。損益相殺によって控除される利益には次のようなものがあります。

 

損失相殺

  • 死亡事故での将来の生活費
  • 損害保険金(被害者に支払われた火災保険金額や労災保険金額は、損害賠償額から控除される)
  • 加害者から受けた見舞金(加害者から受けた見舞金は慰謝料の一部とされる)
  • 自賠責保険金

 

ただし、生命保険金や障害保険金、幼児が死亡した場合の養育費、搭乗者傷害保険金、生活保護法による給付金など、損益相殺されない利益もあります。

 

事故形態によって異なる過失割合の基準

「車(バイク含む)と歩行者の事故の過失割合」

車と歩行者の事故の場合は、車の過失割合が高くなるのが一般的です。車と歩行者の事故で多い信号機のある交差点の横断歩道の上、またはその間近で事故があった場合は、信号機の表示によって過失割合が大きく変わります。

歩行者側の信号機が赤で横断歩道に侵入した場合の事故は、歩行者には70%の過失があったと判断されることになります。

つまり、たとえ歩行者が優先される横断歩道であっても、常に歩行者が優先されるわけではないということです。しかし、車と歩行者の事故で、歩行者の過失が100%になるケースはほとんどありません。

たとえ、事故の原因が歩行者の無理な横断であったとしても、歩行者と接触した車にも安全運転義務違反としての過失があると判断されることがほとんどです。次に車と歩行者の事故で、事故形態で異なる過失割合の基準を見ていきましょう。

 

信号機が設置されている横断歩道上で歩行者と接触したケース

信号機がある横断歩道の上で、自動車が歩行者に対して事故を起こしたケースです。

信号機の表示 過失割合
歩行者:青…車:青 歩行者:0% …車:100%
歩行者:黄…車:赤 歩行者:10% …車:90%
歩行者:赤…車:赤 歩行者:20% …車:80%
歩行者:赤…車:黄 歩行者:50% …車:50%
歩行者:赤…車:青 歩行者:70% …車:30%

 

歩行者が横断中に信号に変更があるケース

(安全地帯なし)

信号の表示 過失割合
歩行者:青から黄、赤 …車:赤 歩行者:0% …車:100%
歩行者:赤から青   …車:赤 歩行者:10%…車:90%
歩行者:青から黄、赤 …車:青 歩行者:20%…車:80%
歩行者:黄から赤   …車:青 歩行者:30%…車:70%

※横断開始時と事故時の信号の表示

 

(安全地帯あり)

信号の表示 過失割合
歩行者:青から黄、赤 …車:青 歩行者:30%…車:70%
歩行者:黄から赤   …車:青 歩行者:40%…車:60%

 

車が右左折時に横断歩道を横断中の歩行者と接触したケース

(信号の変更なし)

信号機の表示 過失割合
歩行者:青…車:青 歩行者:0% …車:100%
歩行者:黄…車:黄 歩行者:20% …車:80%
歩行者:黄…車:青 歩行者:30% …車:70%
歩行者:赤…車:赤 歩行者:20% …車:80%
歩行者:赤…車:黄 歩行者:30% …車:70%
歩行者:赤…車:青 歩行者:50% …車:50%

(信号の変更あり)

信号の表示 過失割合
歩行者:青から黄、赤 …車:赤 歩行者: 0%…車:100%
歩行者:赤から青   …車:赤 歩行者:10%…車:90%

 

信号機のない横断歩道で右左折時に歩行者と接触したケース

この場合は、歩行者は横断歩道を通過しようとする車との関係で絶対的な保護を受けることになります。

基本的に、歩行者0%、車100%が基準となります。

 

横断歩道上ではなく間近を横断する歩行者と接触したケース

(信号機あり)

 

信号機の表示      過失割合

歩行者:青…車:赤   歩行者:5% …車:95%

歩行者:黄…車:赤   歩行者:15% …車:85%

歩行者:赤…車:赤   歩行者:25% …車:75%

歩行者:赤…車:黄   歩行者:50% …車:50%

歩行者:赤…車:青   歩行者:70% …車:30%

 

右左折時、横断歩道通過後に横断歩道間近を横断する歩行者と接触したケース

(信号機あり・また、横断歩道が設置されていない交差点においてもこの基準が準用される)

信号機の表示      過失割合

歩行者:青…車:青   歩行者:10% …車:90%

歩行者:黄…車:黄   歩行者:30% …車:70%

歩行者:黄…車:青   歩行者:40% …車:60%

歩行者:赤…車:赤   歩行者:25% …車:75%

歩行者:赤…車:黄   歩行者:40% …車:60%

歩行者:赤…車:青   歩行者:70% …車:30%

 

横断歩道の手前で横断歩道間近を横断する歩行者と接触したケース

信号機の表示      過失割合

歩行者:青…車:赤   歩行者:10% …車:90%

歩行者:黄…車:赤   歩行者:20% …車:80%

歩行者:赤…車:赤   歩行者:30% …車:70%

歩行者:赤…車:黄   歩行者:50% …車:50%

歩行者:赤…車:青   歩行者:70% …車:30%

 

信号機が設置されていない横断歩道間近を横断する歩行者と接触したケース

この場合、歩行者30%、車70%が基本ですが、幹線道路など車が高速移動する道路を歩行者が横断する場合は、横断歩道を利用しないと極めて危険なため、この基準が採用されないことも多いです。

 

横断歩道が設置されていない交差点で歩行者と接触したケース

歩行者と直進車の場合           歩行者:20%…車:80%

歩行者と右左折車の場合          歩行者:10%…車:90%

狭路などの場合(直進・右左折)      歩行者:10%…車:90%

有線関係のない交差点の場合(直進・右左折)歩行者:15%…車:85%

 

横断歩道外を横断する歩行者と接触したケース

歩行者が横断歩道外で横断した場合の過失割合は、歩行者20%、車80%が基準となります。

 

歩行者用道路で歩行者と接触したケース

基本的に歩行者用道路で歩行者と接触したケースでは、歩行者0%、車100%が基準となります。

 

歩行者と車が同一方向進行中に接触したケース

歩行者と車が同じ方向に進んでいるときに接触した場合は、歩行者0%、車100%が基準となります。

 

車道を通行する歩行者と接触したケース

こちらは3通りあります。歩行者は車道通行が許されている場合は、歩行者10%、車90%、歩行者は車道通行が許されていない場合は、歩行者20%、車80%、歩行者は車道走行が許されていないかつ車道片側以上を歩行している場合は、歩行者30%、車70%が基準となります。

 

路側帯のない道路で端を通行する歩行者と接触したケース

歩行者が右端を通行している場合は、歩行者0%、車100%、歩行者が左端を通行している場合は、歩行者5%、車95%が基準となります。

 

中央線(センターライン)あり路側帯なしの道路の端を通行する歩行者と接触したケース

この場合は幅員(横の長さ)によって基準が異なります。幅員が8m以上の場合は、歩行者20%、車80%、幅員が8m未満の場合は、歩行者10%、車90%が基準となります。

 

道路上で座り込む、寝ている歩行者と接触したケース

昼間など車から事前発見できる場合は、歩行者30%、車70%、夜間など事前発見が困難な場合は、歩行者50%、車50%が基準となります。

 

後退時(バック時)に、道路を横断する歩行者と接触したケース

歩行者が車のすぐ近くを横断した場合は、歩行者20%、車80%、歩行者が車から一定の距離がある場所を横断していた場合は、歩行者5%、車95%が基準となります。

 

「車同士が事故を起こしたときの過失割合の基準」

車同士の事故の場合、客観的に事故の状況を証明できる材料がない場合は示談交渉が成立せず紛争にまで発展するケースも珍しくありません。

この場合の多くは、当事者双方が相手側に過失があると感じているからです。たとえば、双方が赤信号の交差点において、直進車同士の出合い頭事故の場合は50対50が過失割合の基本ですが、ハンドル操作不適切やブレーキ操作不適切、携帯電話の使用、信号無視など、著しい過失や重過失がある場合は過失割合が変わってきます。

このように、事故状況によって過失割合が大きく変わることもあります。次に、車(A)と車(B)の事故で、事故形態で異なる過失割合の基準を見ていきましょう。

 

信号機による交通整備が行われている交差点のケース

信号機の表示       過失割合

A:青…B:赤    A:0% …B:100%

A:黄…B:赤    A:20%…B:80%

A:赤…B:赤    A:50%…B:50%

 

信号機による交通整備が行われていない交差点のケース

(道路の幅がほぼ同じ・車の速度A左方車、B右方車)

事故直前の速度    過失割合

同程度    A:40%…B:60%

減速なし:減速あり A:60%…B:40%

減速あり:減速なし A:20%…B:80%

 

(一方の道路の幅が明らかに広いケース)

A(広路)B(狭路)  過失割合

同程度     A:30%…B:70%

減速なし:減速あり A:40%…B:60%

減速あり:減速なし A:20%…B:80%

 

(一方に一時停止の規制があるケース)

A(規制なし)B(規制あり)   過失割合

同程度       A:20%…B:80%

減速なし:減速あり    A:30%…B:70%

減速あり:減速なし    A:10%…B:90%

Bは一時停止後に交差点に進入 A:40%…B:60%

 

(一方通行違反ありで接触したケース)

Aが無違反車、Bが一方通行違反車の場合、過失割合は、A 20%、B 80%が基準となります。

 

(一方が優先道路を走行しているケース)

Aが優先車、Bが劣後車の場合、過失割合は、A 10%、B 90%が基準となります。

 

・交差点における直進車と右折車との事故のケース

信号機の表示       過失割合

A(直進車 )B(右折車)

青      青     A:20%…B:80%

黄      黄     A:40%…B:60%

黄   進入青、右折黄  A:70%…B:30%

赤      赤     A:50%…B:50%

赤   進入黄、右折赤  A:70%…B:30%

赤   進入青、右折赤  A:90%…B:10%

赤    青矢印信号   A:100%…B:0%

 

信号機により交通整備が行われていない交差点で直進車と右折車のケース

交通整備が行われていない道路でAが直進車、Bが右折車の場合、過失割合はA 20%、B 80%が基準となります。

ただし、右折車であるBが徐行せずに交差点に進入した場合は、直進車であるAは10%減算されることになり、反対にAが減速せず交差点に進入した場合は、10%が加算されることになります。

 

信号機がなく道路幅がほぼ同じ交差点で直進車と右折車のケース

右方の直進車がA、左方の右折車がBの場合の過失割合は、A 40%、B 60%が基準となります。

反対に、左方の直進車がA、右方の右折車がBの場合の過失割合は、A 30%、B 70%が基準となります。

ただし、直進車であるAが減速していない場合は、修正要素として10%加算されることになります。

 

信号機による交通整備が行われていない道路で、一方の幅が明らかに広いケース

(狭路から広路への右折)

Aが広路を直進、Bが狭路から広路へ右折した場合の過失割合は、A 20%、B 80%が基準となります。ただし、直進車であるAが減速していない場合やAが右方車である場合は、Aに10%加算されることになります。

 

(広路から狭路への対向右折)

Aが狭路を直進、Bが広路から狭路へ対向右折した場合の過失割合は、A 60%、B 40%が基準となります。 ただし、直進車であるAが減速していない場合は、修正要素として10%加算されることになります。

 

(広路から狭路への同一方向右折)

Aが狭路を直進、Bが広路から狭路へとAが進行する同一の方向に右折した場合の過失割合は、A 50%、B 50%が基準となります。ただし、直進車であるAが減速していない場合は、修正要素として10%加算されることになります。

 

(右折車に一時停止の規制があるケース)

右折車であるBに一時停止の規制がある場合に、減速せずに交差点に進入し直進するAと衝突した場合の過失割合は、A 15%、B 85%が基準となります。Bが一時停止し、安全確認した後に交差点に進入した場合は、直進車であるAに15%加算されることになります。

 

(直進車に一時停止の規制があり、左方の右折車と接触したケース)

直進車であるAが一時停止を行わずに交差点に進入し、左方の右折車Bに衝突した場合の過失割合は、A 70%、B 30%が基準となります。Aが一時停止後に交差点に進入した場合は、直進車であるAに15%減算されることになります。

 

(直進車に一時停止の規制があり、右方の右折車と接触したケース)

直進車であるAが一時停止を行わずに交差点に進入し、右方の右折車Bに衝突した場合の過失割合は、A 60%、B 40%が基準となります。Aが一時停止後に交差点に進入した場合は、直進車であるAに15%減算されることになります。

 

(非優先道路から優先道路に対向右折したケース)

徐行義務のない優先道路を走行する直進車Aと右折するBが衝突した場合の過失割合は、A 10%、B 90%が基準となります。ただし、右折車であるBが左方の場合は、Aに10%加算されることになります。

 

(優先道路を走行する右折車が非優先道路に対向右折したケース)

非優先道路を直進するAと優先道路から非優先道路に右折するBが対面で衝突した場合の過失割合は、A 80%、B 20%が基準となります。ただし、直進車であるAが減速しなかった場合は、修正要素としてAに10%加算されることになります。

 

(優先道路から非優先道路に同一方向右折したケース)

非優先道路を直進するAと優先道路から非優先道路に同一方向右折するBが衝突した場合の過失割合は、A 70%、B 30%が基準となります。ただし、直進車であるAが減速しなかった場合は、修正要素としてAに10%加算されることになります。

 

交差点におけるその他さまざまなケース

(道路の幅がほぼ同じ交差点のケース)

ほぼ同じ幅の交差点で、左折する左方のAと直進する右方のBが衝突した場合の過失割合は、A 50%、B 50%が基準となります。

 

(一方が明らかに広い道路のケース)

狭路から左折する左方のAと広路を直進する右方のBが衝突した場合の過失割合は、A 70%、B 30%が基準となります。

 

(一方に一時停止の規制があるケース)

一時停止の規制があり、左折する左方のAと規制がない直進する右方のBが衝突した場合の過失割合は、A 80%、B 20%が基準となります。

 

(一方が優先道路のケース)

非優先道路から左折する左方のA、優先道路を直進する右方のBが衝突した場合の過失割合は、A 90%、B 10%が基準となります。

 

(片側2車線への左折車と対向右折車のケース)

片側2車線の道路の第1車線(左側)に左折するAと対面の右折するBと衝突した場合の過失割合は、A 20%、B80%が基準となります。

 

(左折車と追越直進車のケース)

追越禁止の交差点で左折車のAに後続の追越直進車のBが衝突した場合の過失割合は、A 10%B 90%が基準となりますが、追越禁止ではない交差点の場合は左折車A 50%、追越直進車B 50%が基準となります。

 

(右左折車と後続直進車で、後続直進車が中央線ないし道路中央を超えていないケース)

あらかじめ中央によらない右折車Bと後続直進車Aが衝突した場合と、あらかじめ左側によらない左折車Bと後続直進車Aが衝突した場合の過失割合は、A 20%、B 80%が基準となります。

また、あらかじめ中央によることができない右折車Bと後続直進車Aが衝突した場合と、あらかじめ左側によることができない左折車Bと後続直進車Aが衝突した場合の過失割合は、A 40%、B 60%が基準となります。

 

(T字路交差点で直線路直進車と突き当たり路の右左折車のケース)

道路の幅がほぼ同じT字交差点で、直線路直進のAと突き当たり路から右左折するBが衝突した場合の過失割合は、A 30%、B 70%が基準となります。

また、T字交差点の直線路が広路、突き当たり路が狭路の場合で、直線路A、狭路右左折Bの過失割合は、A 20%、B 80%、狭路に一時停止の規制がある場合は直線路A 15%、一時停止規制のある迫路右左折B 85%、広路が優先道路の場合は優先道路(直進車)A 10%、突き当たり路右左折車・劣後車B 90%が基準となります。

 

(T字路交差点で右折同士のケース)

道路の幅がほぼ同じT字路で、直線路右折車Aと突き当たり路右折車Bが衝突した場合の過失割合は、A 40%、B 60%が基準となります。

また、直線路が広路であった場合に、直線路右折車Aと狭路Bが衝突した場合の過失割合は、A 30%、B 70%、狭路に一時停止の規制がある場合は、直線路右折車Aと突き当たり路で一時停止の規制あり右折車Bが衝突した場合の過失割合は、A 25%、B 75%、優先路直線右折車Aと突き当たり路右折車Bが衝突した場合の過失割合は、A 20%、B 80%が基準となります。

 

(道路外出入車と直進車のケース)

直進車Aと車両の頭を道路に少し出し、待機後に発信したBが衝突した場合の過失割合は、A 20%、B 80%が基準となります。

また、導流帯(ゼブラゾーン)に進入した直進車Aに、車両の頭を道路に少し出し、待機後に発信したBが衝突した場合の過失割合は、Aに10%から20%が加算されることになります。

 

(道路外に出るために右折するケース)

直進車Aと道路外に出るために右折するBが衝突した場合の過失割合は、A 10%、B 90%が基準となります。ただし、導流帯を進行する直進車Aに衝突した場合は、直進車Aに10%から20%が加算されることになります。

 

(道路外から道路に出るために左折するケース)

道路を直進するAに道路外から道路に出るために左折するBが衝突した場合の過失割合は、A 20%、B 80%が基準となります。

 

(対向車同士の事故のケース)

左側部分を通行するAにセンターラインオーバーのBが衝突した場合の過失割合は、A 0%、B 100%が基準となります。

 

(回転車と直進車の事故のケース)

回転車(Uターン)Bに後続直進車Aが衝突した場合の過失割合は、A 20%、B 80%が基準となります。また、対向車線を直進するAに、合図なしで回転したBが衝突した場合はAに5%減算、Aが同一方向に走行する場合は、Aに10%減算されることになります。

 

(回転終了直後に衝突したケース)

回転車Bが回転終了直後に、直進車Aが衝突した場合の過失割合は、A 30%、B 70%が基準となります。回転車Bが合図なしで回転し、直進車Aが衝突した場合は、Aに5%減算されることになります。

 

(緊急自動車と自動車の出会い頭事故のケース)

見通しの悪い交差点で、青信号で交差点に進入したAと赤信号で徐行せずに緊急走行するBが衝突した場合、信号機による交通整備が行われていないかつ見通しの悪い交差点で優先道路を走行するAと非優先道路から徐行せずに交差点に進入した緊急車両Bが衝突した場合の過失割合は、A 80%、B 20%が基準となります。

まとめ

以上、失割合の基礎知識や事故形態によって異なる過失割合の基準について解説してきましたが、一般的に過失割合は双方の保険会社が話し合って勝手に決められてしまいます。

過失割合は被害者に知識がないと不利になることもあります。損害賠償を有利に進める為にも、少しでも過失割合がある場合は、無料弁護士に相談してみることをお勧めします。

交通事故のおすすめ弁護士

交通事故問題なら天音法律事務所

弁護士法人天音法律事務所

天音法律事務所は完全成果報酬でやってくれるので、相談して損することはありません。

交通事故の被害者の方は弁護士に相談することで、示談金や賠償金が跳ね上がるので、相談しないってことはかなり損してます。

全国対応してくれるので、交通事故で困ったらとりあえず相談してみましょう。

示談交渉する前に「東京ステラ法律事務所」

東京ステラ法律事務所

示談成立前に「このまま示談して良いのかな」って思ったら、とりあえず弁護士法人ステラに相談してみてください。

すぐ対応してくれるので、示談の条件を引き上げるのに役立ってくれます。

-未分類

Copyright© 事故賠償金協会 , 2018 All Rights Reserved.