交通事故の示談金・賠償金を最大に - 賠償金協会

事故賠償金協会

未分類

事故で歯に障害!ダメージ本数別の後遺障害等級解説

投稿日:

交通事故被害に遭い、歯を負傷してしまった!という方は、後遺障害の何等級に該当するのか、認証される基準は何なのか、などについて気になると思います。

交通事故で負傷し、歯に欠損や喪失が出た場合は、ダメージ本数によって後遺障害の等級が決まります。

そこでこの項目では、事故で歯に障害を残した場合の後遺障害等級について紹介していきます。

 

後遺障害の歯の欠損と損失の定義と注意点

歯の欠損とは、歯の一部が欠けてなくなること、歯の喪失とは、歯を失うことを意味します。

そして、後遺障害等級で認定対象になる欠損・喪失は「歯牙障害」があるものに限られます。

歯牙障害とは、「歯科補てつを加えたもの」を指します。

歯科補てつとは、負傷した歯に対してブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯・インプラントなどの補綴治療を受けたものです。

 

後遺障害で認定の対象になる補綴治療は、交通事故による負傷で、元々ある歯に対して4分の3以上を失った場合又は全てを失った場合です。

つまり、後遺障害等級の認定では、喪失または著しく欠損したものが対象と定義されていますので、被せものや以前から抜けていた歯や酷い虫歯(C4)は除かれます。

また、原則として、歯としての機能性が低い親知らず(第三大臼歯)と永久歯に生え変わる乳歯は対象外となりますが、乳歯に関しては永久歯が生えてこないという歯科医からの証明があれば対象となります。

 

歯牙障害の後遺障害等級

歯牙障害の後遺障害の対象となるのは、一定数以上の歯牙障害がある場合に限られます。

歯牙障害の後遺障害等級と慰謝料相場は次のようになります。

歯の損傷本数別の後遺障害等級・第10級4号 14本以上の欠損・喪失 550万円

・第11級4号 10本以上の欠損・喪失 420万円

・第12級3号 7本以上の欠損・喪失  290万円

・第13級5号 5本以上の欠損・喪失  180万円

・第14級2号 3本以上の欠損・喪失  110万円

 

上記の表を見ると、1本や2本だけの欠損・喪失は後遺障害等級の対象にならないということになりますが、1本の歯を欠損・喪失した場合に、両サイドの歯を削ってブリッジしたものは、3本以上に歯科補てつを加えたものとして定義されていますので、第14級2号の後遺障害等級が認定されることになります。

もちろん、それより多くの歯を欠損・喪失した場合も、周りの歯に歯科補てつを加えたものと合算してダメージ本数を計算します。

 

事故前に歯の欠損・損失に関する後遺障害が既にある場合(加重障害)

事故前に虫歯治療や別の事故で、すでに歯科補てつを加えている歯がある場合もあります。

この場合に、今回の事故以前に歯の欠損・損失により等級が認定されている場合は、その差額が支払われることになります。

例えば、事故前に7本に歯科補てつで第12級3号が認定されていて、今回の事故でさらに3本の歯科補てつ、計10本の歯科補てつ第11級4号となる場合は、11級の慰謝料420万円と12級の慰謝料290万円との差額である130万円が支払われることになります。

このような、当該事故以前に歯の欠損・損失に関する後遺障害が既にあるケースを「加重障害(既存障害)」と言います。

 

歯の欠損・損失以外に後遺障害が残る場合(併合障害)

歯牙障害が残る交通事故の場合、障害が残るのは歯だけではなく、顔面や頭部を強打したことによる言語機能障害が残ることもあります。

後遺障害等級表では、歯なら歯の障害、手なら手の障害などと、各部位それぞれの障害が等級として区分されています。

しかし、交通事故で残る障害は手と歯など2つ以上の部位になることがあります。

後遺障害では、1つ以上の障害が残る場合、併合障害という規定があります。

歯牙障害と言語機能障害の2つが残る場合に併合障害が適用されると、基本的に、いずれか重い等級を一定等級上げた等級が認定されることになります。

 

後遺障害診断書を作成する際のポイントと注意点

歯牙障害の後遺障害等級を認定してもらうには、「後遺障害診断書(歯科用)」を歯科医に作成してもらう必要があります。

ただし、歯科用の後遺障害診断書は記入間違いが多く、その場合は、等級非該当になることもありますので注意が必要です。

 

後遺障害等級の認定は、基本的に自賠損害調査事務所(損害保険料率算出機構)が「書類審査」のみで判断します。

このため、どれくらいの本数の歯が欠損・喪失しているのかが明らかになる後遺障害診断書だけで後遺障害が忍耐されるか否かが決まると言っても過言ではないほど、とても重要な資料です。

 

歯科用の後遺障害診断書には、「事故前」「事故後・補てつ前」「事故後・補てつ後」の3つの項目があり、この診断書の右半分は記入上の注意と記入例が記載されているのですが、理解しにくいのが実情です。

よくあるのは、全ての項目に同じ歯を重複して記入してしまうという間違いです。

 

まとめ

損傷本数別の後遺障害等級についてご理解いただけたかと思います。

10本以上の損傷があったらマックスもらえるイメージですね。

記入間違いが多い歯科用の後遺障害診断書を歯科医に正確に作成してもらい、適切な歯牙障害の等級を認定してもらうためにも、弁護士から直接、歯科医に適切な記入方法を説明してもらうようにしてください。

交通事故のおすすめ弁護士

交通事故問題なら天音法律事務所

弁護士法人天音法律事務所

天音法律事務所は完全成果報酬でやってくれるので、相談して損することはありません。

交通事故の被害者の方は弁護士に相談することで、示談金や賠償金が跳ね上がるので、相談しないってことはかなり損してます。

全国対応してくれるので、交通事故で困ったらとりあえず相談してみましょう。

示談交渉する前に「東京ステラ法律事務所」

東京ステラ法律事務所

示談成立前に「このまま示談して良いのかな」って思ったら、とりあえず弁護士法人ステラに相談してみてください。

すぐ対応してくれるので、示談の条件を引き上げるのに役立ってくれます。

-未分類

Copyright© 事故賠償金協会 , 2018 All Rights Reserved.