交通事故の示談金・賠償金を最大に - 賠償金協会

事故賠償金協会

未分類

交通事故被害者が弁護士に依頼するメリットを最大にするには、事故直後に依頼すべき

更新日:

交通事故に遭ってしまった場合、弁護士に依頼することで様々なメリットがあります。

しかし、いつ弁護士に依頼すればいいのか、知ってる弁護士がいない、依頼にかかる費用が心配、など様々な不安もあるはずです。

事故はいつ弁護士に依頼するかによって、結果が大きく変わってきます。実際に、私も弁護士に依頼したことで多くの問題を解決できた1人です。

そこで、私の実体験を踏まえ、事故後、弁護士に依頼するメリットやベストなタイミングについて解説していきます。

 

弁護士に依頼するベストなタイミングについて!

事故直後の依頼がベスト

弁護士に依頼するベストなタイミングは事故直後です。

弁護士に依頼するメリットのは

  • 過失割合の軽減
  • 加害者、損害保険会社との交渉の代行
  • 慰謝料、示談金の最大化

など数々ありますが、これをすべて享受するなら「事故直後」に依頼すべきです。

 

 

そうすることで、事故現場で何をしておけばいいのか的確なアドバイスを受けることもできますし、興奮状態にあるケースが多い相手との交渉の窓口になってもらうこともできます。

正確には、事故直後すぐに加入している保険会社に連絡し、「弁護士特約」を利用する旨を伝えてから弁護士に依頼する必要があります。

 

最初から弁護士に依頼することで得られるメリットとは?

最初から弁護士に依頼すれば全て丸投げ可能

実際に私も、相手保険会社とのやり取りから損害賠償請求、最終的な慰謝料受取りまで、通院以外の全てを弁護士さんに行ってもらいました。

結果が満足のいくものであったこと以外にも、アドバイスや対応が丁寧で精神的に非常に楽になるというのは弁護士に依頼する大きなメリットだと感じました。

弁護士は決して敷居の高い存在ではありません。事故の際、気軽に頼れる強い味方です。

 

もし、弁護士に依頼していないと、事故が起きた場所を管轄する自動車運転安全センターに事故証明を取りに行ったり、自分と相手の保険会社とやり取りしたりと面倒なことが多いですし、仕事を休む必要も出てきます。

 

過失割合の軽減

交通事故では必ず過失割合を決めます。

もし過失がある場合は、過失に応じて損害賠償請額が減額(過失相殺)されることになります。

過失割合は警察が決めると思っている人も少なくありませんが、一般的に保険会社が過去の判例を基に決めることになっています。

当然、納得のいかないものは受け入れる必要はありません。「しかし、明らかに相手に過失がある、ドライブレコーダーなどの証拠もある、という場合もあると思いますが、自分だけで相手の保険会社と交渉しても改善される可能性は限りなく低いです。

弁護士の場合は、判例タイムズという弁護士専門の雑誌に掲載されている過去の裁判例をもとに、当事者それぞれにどのくらいの責任があったのかを的確に判断し、妥当な過失割合を保険会社と交渉します。

その結果、過失割合が変更されたケースも多く存在します。

過失割合で、もめてから依頼しても良いが・・・

相手の保険会社と過失割合などで揉めたときにはじめて弁護士に依頼するものと考えている人も少なくないと思いますが、事故直後から弁護士に依頼することで、保険会社とのやり取りや手続き、解決に至るまで全てを代理してくれます。

依頼後は、相手の過失を徹底的に洗い出し、自分に不注意が無かったことを、様々な状況から分析し証明することで有利に導きます。

また、弁護士に依頼した時点で、窓口が弁護士事務所になりますので、保険会社とのやり取りは一切不要になります。

最低限自分で執筆、署名、捺印しないといけない部分もありますが、その際も弁護士から適切な指示を受けることができます。

最初から法律の専門家のアドバイスをもらうことで、証拠集めの段階から過失割合交渉を有利に運べるわけですね。

損害賠償額の増額

通常は1日の通院慰謝料の基準は4,200円となるのですが、弁護士に依頼した場合は、民法第710条により逸失利益が加算された弁護士基準8400円が採用され、実通院日数の3.5培の日数が通院期間とみなされることになります。

さらに、後遺障害が残る場合は、後遺症慰謝料が通常の3倍近くの値段にまで跳ね上がります。

手続きにかかる手間や時間、精神的負担を大幅削減

本来であれば、事故証明書の取り寄せや必要書類の記入、相手保険会社との示談交渉等々、自分でしなくてはいけないことが非常にたくさんあります。

ときには仕事を休む必要も出てきますが、弁護士に依頼することで、その後の手続きをすべて一任することになります。

自分がすることと言えば、弁護士から経過の連絡を受けたり、怪我の治療のために通院したり、最終的な示談書にサインしたりする程度ですので、精神的にとても楽になり治療だけに専念することができます。

 

相手が任意保険対応しない場合も確実に慰謝料を請求できる

私も、実際に体験した経験があるのですが、事故の相手が自分は悪くない、こちらが一方的に悪いと相手方が加入する保険会社に主張した場合は、加入者の意見を尊重する保険会社は支払いを拒絶することになります。

この場合に弁護士に依頼している場合は、たとえ相手が保険対応しない場合も、相手側の自賠責保険(強制保険)に請求して任意保険以上の慰謝料を受け取ることができます。

 

弁護士は決して敷居の高いものではない!気軽に利用できる

多くの人が抱いている弁護士のイメージは、高学歴のエリート、プライドが高い、威張っている?など、ちょっとした壁があるのは事実です。

とは言え、私が実際に弁護士と向き合って感じたイメージは、すごく腰が低く低姿勢、なおかつ法律を熟知していてかなりの頭脳明晰者ということです。

さすが法律の専門家だと感じたのは当然のことですが、予想に反してサービス精神が旺盛だなという印象も強いです。

気軽に何でも相談できますし、どんな些細な質問にも丁寧に受け答えしていただけますので、とても頼りになります。

 

弁護士は料金が高そう?でも、実際は多くのケースで費用負担はゼロ!

弁護士への依頼をためらってしまう最もな原因は費用的な心配ではないでしょうか。

当然、弁護士に依頼すると料金が発生します。

また、実際に依頼する場合は、依頼費用だけで10万円から30万円程度は必要になりますので、決して安い金額とは言えません。

 

弁護士に依頼したいけど、高い費用を支払えないという人も多いと思いますが、保険加入者の7割以上が加入している「弁護士特約」を利用することで、弁護士に無料で依頼することができます。

弁護士特約とは、交通事故被害に遭った時に弁護士に依頼する費用を保険会社が上限300万円まで負担してくれる特約です。

特約とは言っても、別途必要となる費用は月々で計算すると、最大でもわずか300円程度です。さらに、何度使っても等級が下がらない!

つまり、事故の対処を全て弁護士に任せても保険料が上がらないということで、使わないと確実に損してしまうということです。

もし、弁護士特約に加入しているか分からないという場合は、保険会社に問い合わせてみてください。

弁護士特約に加入していない場合はどうすればいい?

当然、弁護士特約に加入していない人もいます。

この場合、はじめに依頼費用として数十万円用意しないといけないのでは?と考えるかもしれませんが、そんな心配は一切不要です。

現在では無料相談を受け付けている成功報酬型の弁護士が全国に数多く存在します。成功報酬型ということは成功しなかった場合は、料金が発生しないということです。

中には、成功した場合に、弁護士に支払う報酬がかなりの高額になるのではと不安に感じるかもしれません。実際は、成功報酬の相場はわずか1割から多くても2割程度です。

例えば、成功報酬型の弁護士に依頼して300万円の慰謝料を獲得した場合は、30万円が弁護士への報酬となり、その他に費用が発生することはありませんので、自分の手元には270万円が残るという計算です。

 

加害者側損保も自分の責任回避に必死。弁護士を立ててプレッシャーを回避しよう。

加害者は自分が起こした事故の責任を負います。でも、これを少しでも低くしようと加害者側損保は必死にプレッシャーをかけてきます。

妥協して、相手の主張を認めらば、こちらが不利になるケースはたくさんあります。

これを跳ね返すには、精神的にも疲労します。

最初から弁護士に依頼すれば、精神的な圧力を回避する効果があるのです。

 

弁護士特約があればベストなのですが、なかったとしても、事故直後に弁護士に依頼するということは交通事故において非常に重要なポイントになるということを覚えておいてください。

まだ弁護士に依頼していないという場合は、今すぐに弁護士を見つけることが重要です。

弁護士の知り合いがいなければ、インターネットで探そう

もちろん、弁護士に知り合いがいないというケースの方が多いです。

たとえ事故現場で弁護士に依頼できなくても、自宅に帰ってすぐインターネット等を利用して交通事故専門の弁護士を探すようにしてください。

弁護士に依頼するタイミングは早ければ早いほどメリットが大きくなります。

 

最後に

弁護士特約を利用しても、依頼費用もゼロ、等級も下がらない、結果的にプラスになることはあっても、マイナスになることは絶対にありません。

事故後いち早く弁護士に依頼することが、自分にとって一番円満に解決できるか否かの重要な鍵を握っています。

もし、まだ弁護士に依頼していないという場合は、今からでも遅くありません。状況が不利になってしてしまう前に弁護士に依頼するようにしてください。

 

 

交通事故のおすすめ弁護士

交通事故問題ならステラ法律事務所

東京ステラ法律事務所

ステラ法律事務所は完全成果報酬でやってくれるので、相談して損することはありません。

交通事故の被害者の方は弁護士に相談することで、示談金や賠償金が跳ね上がるので、相談しないってことはかなり損してます。

全国対応してくれるので、交通事故で困ったらとりあえず相談してみましょう。

-未分類

Copyright© 事故賠償金協会 , 2018 All Rights Reserved.